Movie

田中彩子ソプラノリサイタル/紀尾井ホール
アンコール曲「エーデルワイス」(2016.9.16)


田中彩子 / 春の声 (ヨハン・シュトラウス二世)

Profile

Profile

田中彩子

ソプラノ歌手(ハイコロラトゥーラ)


10代で単身ウィーンに留学し、その類いまれなコロラトゥーラの才能を注目され、本格的に声楽を学ぶ。

22歳で、スイス・ベルンの州立歌劇場において『フィガロの結婚』でソリスト・デビューを飾る。同劇場では日本人初、且つ最年少での歌劇場デビューで大きな話題を集め、6ヶ月というロングラン公演を代役なしでやり遂げる。翌年、国際ベルヴェデーレ・オペラ・オペレッタ・コンクールではオーストリア代表として本選出場を果たす。

ウィーン・フォルクスオーパ歌劇場にてオペラ『ホフマン物語』のオリンピア役のカバーを勤め、その後オーストリア政府公認スポンサーで2012年から続いたモーツァルト作曲のオペラ『魔笛』のオーストリアの劇場を回るオペラツアーにて、同オペラの”夜の女王” 役を3年間に渡って公演。

グスタフ・マーラー没後100周年におけるドイツ・ルーマニア合同フェスティバルにて、国立ブラショフフィルハーモニー交響楽団とマーラーの交響曲第4番のソリストとして出演する。それを機にコンサートソリストとしての活動も始め、2013年に南米ブエノス・アイレスで行われたコンサート・ツアーでは、「高音は信じられないほど正確、それにもかかわらず響きは柔らかで、まさに天使のよう」と絶賛され、その年のベスト・イベントに選ばれる。音楽史上まれな超高音で有名なモーツァルトのコンサート・アリア「テッサリアの民よ」をジュネーヴで歌った際は、名歌手エッダ・モーザをはじめとした聴衆から「人生の中でそう聞けることのない素晴らしい声」と賞賛された。

2013/14年にはロンドン・ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、ソフィア交響楽団、ストラスブール室内管弦楽団などのコンサート定期公演に招待される。

2014/15年はウィーン2大コンサートホールの1つ、ウィーン・コンツェルトハウスの大ホールにてオルフの『カルミナ・ブラーナ』でのソリスト・デビューで大成功を収めた。 2017年、作曲家エステバン・ベンセクリ氏が彼女の声にインスピレーションを受け作曲した協奏曲「コロラトゥーラソプラノとオーケストラの為の5つのサークルソング」を、南米最高峰コンサートホールCCKにおいて、国立アルゼンチン交響楽団とのシーズン開幕コンサートにて世界初演のソリストを務める。

日本では2014年11月エイベックス・クラシックスよりCD「華麗なるコロラトゥーラ」でデビュー。同年より毎年秋に全国ツアーを開催。 2016年8月小学館より自身初のフォトエッセイ「Coloratura」を発売、2017年9月には自身2枚目となるアルバム「ウィーンの調べ ~華麗なるコロラトゥーラ~」を発売。

京都府出身、ウィーン在住。

Repertorie

CD/Book

2nd Album<h2> ウィーンの調べ</h2>~華麗なるコロラトゥーラ2~

2nd Album

ウィーンの調べ

~華麗なるコロラトゥーラ2~

AVCL-25942/アルバム/2017.9.20/3,000円+税

01.ヨハン・シュトラウス2世:美しく青きドナウ
02.ヨハン・シュトラウス2世:皇帝円舞曲
03.ヨハン・シュトラウス2世:ウィーンの森の物語
04.モーツァルト:聖母マリアより御体を受け(ハ短調ミサ曲 K.427より)
05.モーツァルト:アレルヤ(モテット《エクスルターテ・ユビラーテ》より)
06.モーツァルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス K.618(ピアノ伴奏版)
07.フリース(伝モーツァルト):子守歌
08.シューベルト:子守歌 D.498
09.ブラームス:子守歌 作品49の4
10.シューベルト:アヴェ・マリア D.839
11.モーツァルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス K.618(弦楽伴奏版)
12.ロジャース:サウンド・オブ・ミュージック
13.ロジャース:エーデルワイス(日本語詞)

ご購入はこちら

1st Album<h2> 華麗なるコロラトゥーラ</h2>

1st Album

華麗なるコロラトゥーラ

AVCL-25861/アルバム/2014.11.26/3,000円+税

01.天秤棒に心をかけて〜《カルミナ・ブラーナ》より
02.夜の女王のアリア〜歌劇《魔笛》より(モーツァルト)
03.ナイチンゲールと薔薇〜付随音楽《パリュサティス》より(サン=サーンス)
04.鐘の歌「若いインド娘はどこへ」〜歌劇「ラクメ」より(ドリーブ)
05.影の歌〜歌劇「ディノーラ」より(マイアベーア)
06.さようなら〜歌劇「連隊の娘」(ドニゼッティ)
07.ああ、信じられない〜歌劇「夢遊病の女」より(ベッリーニ)
08.生垣に小鳥たちが〜歌劇「ホフマン物語」(オッフェンバック)
09.さようなら、過ぎ去った日々よ〜歌劇「椿姫」より(ヴェルディ)
10.お聴きなさい、蝉たちの声を〜歌劇「お菊夫人」より(メサジェ)
11.夏の名残の薔薇〜歌劇「マルタ」より(フロトー)
12.春の声(ヨハン・シュトラウス二世)

ご購入はこちら

<h2>Coloratura</h2> 著/田中彩子

Coloratura

著/田中彩子

ISBN9784093965385/判型|頁菊判|96頁/2016.8.26/1,852円+税

〈 書籍の内容 〉
田中彩子フォトエッセイ
彼女の声は100年にひとりといわれる
ハイ・コロラトゥーラ(一般的なソプラノより遙か高音域)。
「美人すぎるソプラノ歌手」「かわいすぎるオペラ」として、
世界で注目を集めている。
京都府の普通の家庭で育った田中さんは、幼い頃からピアノを習い、
高校の進路相談では「将来はピアニストに」と音大を志望していた。
ところが、手が小さく、1オクターブに届かない。
そんなとき恩師が声楽の道へ誘った。
高校卒業後、18才で単身ウィーンへ渡るものの留学して4年、
日本の友人らが次々と就職していくなか、田中さんはドイツ語の辞書を片手に、
精神的にも金銭的にもツライ日々を過ごした。
それでも夢をあきらめず、前を向いて歩いていたある日、転機が訪れた——
本書は、田中さんの半生を写真とともに綴る。
アジア人に厳しいといわれる欧州のオペラ界で、
どのように彼女が階段を上がっていったのか。
また32才の女性として、家族、友人、健康や美容、恋愛・・・と、
どのように向き合ってきたのかが綴られる。

ご購入はこちら

Concert

田中彩子 ソプラノ・リサイタル 2018 印西公演開催のお知らせ。

「田中彩子 ソプラノ・リサイタル 2018」印西公演の開催が決定しました。

 

「田中彩子 ソプラノ・リサイタル 2018」印西公演

日程:2018年10月7日(日)

会場:印西市文化ホール(千葉県印西市)

出演:田中彩子(ソプラノ) 加藤昌則(ピアノ)

お問い合わせ:印西市文化ホール

TEL 0476-42-8811

 

※時間、チケット料金等の詳細は順次発表致します。

田中彩子 ソプラノ・リサイタル 2018 東京公演開催のお知らせ。

「田中彩子 ソプラノ・リサイタル 2018」東京公演の開催が決定しました。

一般発売に先駆けて、オフィシャルホームページ先行を行います。

 

・東京公演オフィシャルHP先行

 2018年4月16日(月) 21:00 〜 4月30日(月・祝) 23:59

 http://kyodotokyo.com/ayako

 

「田中彩子 ソプラノ・リサイタル 2018」東京公演

日程:2018年10月11日(木)

開場 18:30 開演 19:00

会場:紀尾井ホール 料金:S席 6,000円 A席5,000円(全席指定 税込)

※未就学児童の入場はご遠慮ください。

チケット一般発売日:5月26日(土) 午前10:00

出演:田中彩子(ソプラノ) 加藤昌則(ピアノ)

お問い合わせ:キョードー東京 0570-550-799(平日11:00-18:00/土日祝10:00-18:00)

http://kyodotokyo.com/ayako

田中彩子 ソプラノ・リサイタル 2018 三重公演開催のお知らせ。

「田中彩子 ソプラノ・リサイタル 2018」三重公演の開催が決定しました。

 

「田中彩子 ソプラノ・リサイタル 2018」三重公演

日程:2018年9月30日(日)

開場 13:30 開演 14:00

会場:三重県川越町あいあいホール(三重県三重郡川越町豊田一色314)

出演:田中彩子(ソプラノ) 加藤昌則(ピアノ)

お問い合わせ:三重県川越町あいあいホール(平日 9:00 〜 17:00) 

TEL 059-364-2500

 

※チケット料金等の詳細は順次発表致します。

AYAKO TANAKA Official web site