HOME  >  アーティスト  >  松本 蘭

Violinist

松本 蘭

松本 蘭

桐朋学園大学音楽学部卒業後、同大学研究科修了。才能教育よりヴァイオリンを始め、徳永二男氏に師事。第6回大阪国際音楽コンクール第1位ほか、数々のコンクールに入賞。これまでにロイヤル・チェンバー・オーケストラ、東京交響楽団、京都市交響楽団、バンクーバー・メトロポリタン・オーケストラ、九州交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団などのオーケストラと共演。12・13年度公共ホール音楽活性化事業登録アーティストとして全国各地で公演を行うなど、幅広い年齢層を対象としたアウトリーチ活動をライフワークとして積極的に行っている。

06年より「高嶋ちさ子12人のヴァイオリニスト」のメンバーとして3年間の活動を経たのち、ソロ活動を開始。09年8月にアルバム「蘭ing」(ワーナーミュージック・ジャパン)にてCDデビューを果たす。発売前に先行配信されたiTunes 限定の先行セレクトバージョンは、クラシックチャートにて1位を獲得。
第41回09年度ミス日本グランプリ決定コンテストにて、ミス日本「ミス着物」を受賞。台湾総統府を表敬訪問し馬英九総統の前で演奏するなど、「ミス着物」として数多くの文化交流活動に参加した。

情熱的で力強いパフォーマンスや幅広い音楽性、そして親しみやすく軽快なトークには定評があり、音楽プロデューサー・井上鑑、津軽三味線・吉田兄弟、歌手・今井美樹、編集工学者・松岡正剛や俳優で歌手の寺尾聰など、クラシックの枠を超えた様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションも数多い。13年8月、朗読と音楽で綴る「ブラームス?叶わぬ愛の旋律」にて歌舞伎役者・市川染五郎との共演を果たし、翌14年にも公演を行った。14年7月、日本スペイン交流400周年記念コンサートをマドリード、クエンカ、アビラにて開催。

10・11年度には、日経CNBCイメージキャラクターを務めテレビCMにも出演。現在はヤマハ株式会社の企業CMに出演中。13年2月、セカンドアルバムとなる「GROW」を発売。現在はBS-TBS「謎解き!江戸のススメ」テーマ音楽を担当などの作曲活動や、メディアへの出演など、多彩な活動が注目されている。

出演依頼・お問い合わせはこちら